セフレを作る上で、異性とのトーク力というのは非常に重要

セフレを作る上で、異性とのトーク力というのは非常に重要です。

「え、セフレってセックスするだけじゃないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。まあ、それはそうなのですが、セックスにもっていくまでにはトークを必要としますし、女性の場合、セックス前後の会話も含めてセックスと考えていることが多いかと思います。これは男女の頭の構造からして違うものです。なかなか埋めることができない溝かと思います。男性のかたはピロートークも大事にしましょうね。

セフレがみつかるセフレサイト

さて、とある女性からこんなお便りをいただきました。職場の後輩男性に対する愚痴です。職場でのオフィス・ラブなんて燃えちゃいますが、実際にはなかなかそうはならないようですね。中には職場でセフレを作っている人もいますが、そういう人はかなり稀なケースだと思います。

 

 

二十代後半の男の後輩についてです。
彼は、ぱっと見は背も高いしルックスも悪くなく、比較的仕事にも熱心なのですが、どうにも絡みづらいのです。普通に仕事の話をしている時は特に問題はないのですが、休憩時間やプライベートになると本当に面倒くさいうえに、イライラします。
彼は、先輩であっても後輩であっても、少し気安い仲になると遠慮なくひとのことをこき下ろしてきます。それがまた、わざと気に障る言い方をするのです。相手がちょっと怒ったりショックを受けるのを楽しんでいるといった様子です。特に相手が女性になると、言いやすいのでしょう。更にひどい言い方をしたりします。それで、周りの笑いをとろうとするのです。
まぁ、あからさまにブスだとかデブだとかは言わないのですが、その人が気にしているであろうことを面白おかしくネタにします。
確かに周りも笑いますが、聞いているこちらはあまり気持ちのいいものではありません。
言われている人も、周りの目があるのでその場で怒ったりはしません。
彼の言い方がある意味上手いのでしょうか。
「怒るほどではないけど言われて嫌な感じ」なので、ガッツリ怒れないのです。
後でじわじわと嫌な気分になるような…。怒れないのは、わりと穏やかな気性の人が多いのも原因かもしれませんが。
私は、その彼の絡み方にいい加減限界がきたので、何度か冷たくあしらったことがあります。
そうすると、「怖い人」認定されたのか、あんまり絡んでこなくなりました。
私は快適なので良いのですが、よくよく観察すると、私や上司などの「怖い人」にはこのような面倒くさい絡み方をしていないようなんですよね。
それがまたイライラするというか…人を見てそんなふうにこき下ろしたり、悪口で笑いをとろうとする神経がわかりません。
現在では徐々に、その彼とプライベートで仲良くしようとする人はいなくなってきています。
彼はその状態にあんまり気が付いていないようです。
今では私も、ほぼ仕事の話でしかその彼と会話していません。

最近はストレス解消と健康美容を兼ねて、酵素ジュースを使ったダイエットに凝っています。酵素には自然の栄養が詰まっているので、摂取カロリーを平しながらも必要な栄養素はきちんと摂取しながら、ヘルシーに減量していくことができるんですよね。

私がハマっているのは、アサイーダイエットジュースです。

グリーンスムージー系も飲んでいたのですが、デスクワークという職業柄、目がつかれることが多く、アサイーに含まれるアントシアニンが眼精疲労に効果的なので助かっています。効果が24時間しか続かないので毎日摂取することが大切ですね。